FC2ブログ

観光福祉タクシーかねだオークラのドリーム

東京湾横断鉄道アクアレイルラインの必要性と健康長寿を保つためのヒントを書きたいと思っています

アクアライン開通20周年です。次はアクアレイルラインの開通をめざしましょう

 私が、木更津青年会議所の会員で東京湾横断道路(アクアライン)の勉強していた時には、その開通、完成は夢物語でした。
慶応義塾大学の先輩で電力界の鬼と呼ばれていた松永安左ェ門(95才で没、お墓は新座市の平林寺にあります・死後個人の遺志により葬儀は行われず、弔問、香典、供花を辞退しています。私も学生の時におまいりにいきました。自然石に鬼山と彫られていました。慶応義塾命名百年式典の時に高橋誠一郎と共に名誉博士号をおくられました。私は、慶応通信社長の富田先生のご推薦で福沢諭吉協会に創立時より入会を許されました。高橋先生は、銀座交詢社での例会でイギリスに留学していた時、講義にでずもっぱら図書館で勉強していたということをユーモアたっぷりにお話しなさいました。その時、著書にサインをしていただきました。お葬式は、信濃町の北里会館で行われました。私もご焼香にいきましたが、香典、供花を辞退されました。)や小川栄一(藤田観光創業者)等により東京湾の埋め立て利用を考えていたようです。
 アクアラインは、海ほたるPAと川崎市の浮島JCTは海底トンネルになっています。アクアレイルラインは、このトンネル方式を木更津市の金田地区まで延伸して横断鉄道を通そうとするものです。アクアラインに並行してアクアレイルラインの工事を進めていくうえで、アクアラインの地質調査や工事の方法等が参考になると思います。
私は、東京湾の水質や漁業に影響の少ないシールド工法がベストだと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad