FC2ブログ

観光福祉タクシーかねだオークラのドリーム

東京湾横断鉄道アクアレイルラインの必要性と健康長寿を保つためのヒントを書きたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(「日産、排ガス検査不正」 数値改ざん「無資格」に続き) を読んで

「不正は新車を出荷する前に行われる排ガスや燃費の測定値を検査する時に行われた。
 定められた環境外で試験を実施し、測定値を改ざんした。
 国土交通省は再発防止策を一か月程で報告するように指示をした。」
 なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか。防ぐ方法はないのででしようか。
 私は考えました。こういうことになったのは、国土交通省が出荷前の最終検査をメーカーにまかせていたことがいけなかったということです。国土交通省の検査員が検査をしていれば100パーセント不正は起こりません。そこでこれからは国土交通省の検査員が自動車会社の生産ラインに常駐し検査をすれば良いのです。国土交通省は、再発防止策の報告を指示するだけではなく、みづから進んて゛国民の安心安全な生活を守っていただきたいです。
 
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。