FC2ブログ

観光福祉タクシーかねだオークラのドリーム

東京湾横断鉄道アクアレイルラインの必要性と健康長寿を保つためのヒントを書きたいと思っています

富津市沖にみなとみらい21の建設を


 以前富津港と横浜港、横須賀港との間には、航路がありました。中学生の修学旅行の時、富津港から船に乗って横須賀港に渡りました。ちょうど第二海堡のそばを通りましたので海の青さをよく覚えています。木更津からフェリーボートを利用して弟と自転車で横浜まで行った時、山下公園のそばに富津港からの船着き場がありました。アクアラインができる前は、木更津港と横浜港、川崎港にもフェリーボートの航路がありました。現在は金谷港と久里浜港の東京湾フェリーだけになってしまいました。高校生の時、友達二人と東京湾フェリーを利用して鎌倉の建長寺までいったこともありました。友達の自転車のチェーンがはづれてしまって建長寺の前のお宅で道具を借りたことを覚えています。川崎港の浮島のフェリー乗り場と違って、横浜港のフェリーの発着場所は、横浜港の奥の奥のほうにありました。港の灯台を過ぎても、なかなか到着しないのです。降りて東急線の高島町駅にいくのですが、周りは工場や倉庫で桟橋にはタグボートが繋がれていました。道路の真ん中には、税関のボックスがありました。下宿からヨーロッパ旅行の時使った旅行カバンに洗濯物をいれて前を通った時、なかみを質問されたことがあります。また高島町駅から桜木町駅間の鉄道は、高い場所を走っていましたので三菱重工の造船所の工場がよく見えました。
 現在、横浜駅前にはそごうが、造船所跡などにはみなとみらいのさまざまな建物が建設されています。これだけの建物が建設できるのは、海を埋め立てて土地を得ることができたからです。東京も徳川家康の時代には、江戸城のすぐそばまで海だったとのことです。海を埋め立てた結果、丸の内銀座築地などが生まれたのです。 
 富津市も海に面しています。東京や横浜等の都市と同じような方法で発展しようではありませんか。それには交通の便が良くなければなりません。東京湾横断鉄道アクアレイルラインの建設開通が必要です。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad